2019年5月9日 | | ,

エステサロンで行われる脱毛の種類

エステサロンで行われる脱毛の種類

一口にエステサロンでの脱毛といっても、いろいろな種類があります。ここでは、エステサロンで行われている脱毛の種類についてお話します。

エステサロンで行われている3種の脱毛方法 一般に、エステサロンやクリニックでは、3種類の脱毛方法があります。 ニードル脱毛(針脱毛) レーザー脱毛 光脱毛(フラッシュ脱毛) これら3種の脱毛方法は、それぞれメリットとデメリットがありますので、自分にあった脱毛方法を採用することが大切です。

信頼できるサロンやクリニックでは、事前のカウンセリングできちんと相談にのってくれますから、慎重に選びましょう。では、一つずつ詳しく見ていきます。

ニードル脱毛(針脱毛) 名前の通り、針をつかって、毛穴のひとつひとつにニードルを刺しこんでいく脱毛方法です。ニードルに電流を流して、ムダ毛を造りだす毛根を破壊することによって脱毛効果を得るものです。毛を1本1本に処理していくので、施術には時間がかかりますが、確実に処理することができます。また、ひげなどの生え方をデザインしたい人にはこの方法が向いています。

ニードル脱毛の欠点は、針を刺しこむときに痛みを伴うことです。また、施術中に炎症を起こすこともあり、赤くはれてしまいこともあります。ニードル脱毛は、処理を行う人の技術力に仕上がりが左右されますので、信頼できるクリニックで行いたいですね。エステサロンではなく、医療機関による脱毛を受ける際には、痛みを和らげるために麻酔を行ってくれるところもあります。痛みに弱い人は、そちらも利用するのもよいでしょう。ただし、ニードル脱毛は、他の脱毛方法に比べるとダントツで料金が高くなっています。

レーザー脱毛 ニードル脱毛ほど痛くなく、価格が比較的安価なことから人気になった脱毛方法です。レーザーの光を脱毛したい箇所にあてて、脱毛します。レーザーの光が、黒い色素に反応して、毛根の毛母細胞にダメージを与えます。

ニードル脱毛に比べると、肌への負担も少なく、施術時間も短くて済みます。広い範囲への脱毛も可能です。ただし、施術する人の技術によっては、まれにやけどなどのトラブルを起こすこともあります。毛母細胞が休止状態にある毛穴は、処理できないので、毛周期に合わせて、何度かサロンに通う必要があります。

レーザー脱毛のデメリットは、メラニン色素に光が反応するので、日焼けした肌やほくろなどに生えている毛は処理できないことです。

光脱毛(フラッシュ脱毛) 脱毛の原理としてはレーザー脱毛と同じです。脱毛したい部分に光をあてて行います。光がメラニン色素に反応することを利用して、脱毛する方法です。光脱毛は、レーザー脱毛よりも出力が小さく、肌への負担がさらにやさしいです。処理する人もそれほど高い技術を必要としないため、エステサロンで行う光脱毛は、一般に他の脱毛方法に比べて最も安い料金設定になっています。

レーザー脱毛よりも、さらに痛みが少ないといわれています。レーザー脱毛と同じで、毛周期に合わせて何度か繰り返して行う必要があります。光脱毛のもう一つの特徴は、レーザーの光よりも拡散して広がるので、背中などの広い部分に行っても短時間で処理できることです。デメリットに関してもレーザー脱毛と同じで、日焼けしていたり、ホクロなどの色素沈着を起こしている場所には使えません。光脱毛は、自宅で出来る家庭用脱毛器も販売されています。それだけ技術を必要としない脱毛法だといえます。サロンに通いにくい人や、通うことに抵抗がある人は、家庭用光脱毛器を使うのもオススメです。

カウンセリングをきちんと行ってくれるエステサロンで いずれの方法にしても、メリットとデメリットがありますので、よく相談してから脱毛方法を決めましょう。カウンセリングをきちんと行ってくれる良心的なサロンで処理を受けることも重要です。

© B/A 2019 | All rights reserved.